足の悩みはドイツ式フットケアサロン「フットブルー」。角質肥厚、魚の目、たこ、巻き爪、足の臭い、足の痛み、むくみ、冷え。横浜、元町、表参道

FOOT CARE
巻き爪

フットブルーでは巻き爪専用のVHOワイヤーを使用し、巻き爪を自然に補正します。

陥入爪(巻き爪)は発生すると非常に痛く、腫れ、化膿などを引き起こす場合もあり、とても厄介なもの。
フットブルーでは巻き爪専用のVHOワイヤーを使用し、日常生活に支障なく巻き爪を自然に補正します。

巻き爪の原因は・・
足の母趾によく見られる陥入爪(巻き爪)は発生すると非常に痛く、腫れ、化膿などを引き起こす場合もあり、とても厄介なものです。老若男女を問わず増えてきているのが現状で、原因として、爪のケアに対する間違った解釈と靴の選び方などが多く挙げられます。
巻き爪を悪化させないで・・
痛みから解放されたいがために爪の食い込んだ部分を深く切り込む。するとしばらくは痛みもなくなりますが、実は爪には、角を深く切ってしまうとますます食い込みが激しくなる性質があり、知らず知らずのうちに自ら巻き爪の症状を悪化させてしまっているケースが多く見られます。長く放置しておくと、歩く、立つ、地面を蹴るといったごく当たり前のことにも支障が出てしまいます。
巻き爪を自然に補正、痛みもありません。
フットブルーでは、巻き爪専用のVHOワイヤーを使用し、巻き爪を自然に補正します
装着時は皮膚や爪を傷つけず、痛みも伴いません。また、靴も装着前と同様に普通に履け、上からマニキュアを塗ることも出来るので、日常生活に全く支障はありません。通常月に1回程度の来店で、約半年~1年ほどで補正できます(個人差があります)。VHOワイヤー法は、足の専門分野や医療分野、ドイツを含め世界各国から高い評価を得ている安全な方法です。
※「ドイツ式『巻き爪ケア(VHO)』Q&A」はこちら
施術前
巻き爪ケアVHOワイヤーを装着する前の状態。まだ腫れ等の症状は見られませんが、爪が皮膚の奥までかなり食い込んでいる様子が伺えます。爪のカーブの強さに注目してください。
【VHOワイヤー装着時】
【VHOワイヤー装着後】

巻き爪ケアVHOワイヤーを装着すると、爪のカーブが弱まり、平らな状態に近づきました。この装着した状態で何度かワイヤーの調節を加えながら徐々に爪を広げていきます。この後巻き爪ケアVHOワイヤーの上部に引っかからないように、樹脂をコーティングしていきます。

お客様の施術例

※下記はあくまで一例であり効果の感じ方には個人差があります。

【症例1】:A様 販売職 20代
VHOワイヤー装着前
VHOワイヤー装着直後

巻き爪ケアVHOワイヤーを装着したことで皮膚に刺さっていた爪が持ち上がり、爪と皮膚の間にわずかに隙間ができているのが分かります。

【お客様の声】痛みが出てから始めたのですが、つけた直後から痛みも形も改善されたので嬉しかったです。器具をつける時にもほとんど痛みがないので続けていけると思いました。

【症例2】:S様 一般事務 40代
VHOワイヤー装着前
VHOワイヤー装着直後

巻き爪ケアVHOワイヤーを装着したことで爪の幅が広がり、皮膚への食い込みが緩和されています。

VHOワイヤー装着7ヶ月後

爪の先端部分の幅が装着時よりも広がり、爪が大きくなっています。

【お客様の声】特に痛みもなく生活していたのですが、通勤列車で足を踏まれて爪の生え際から出血してしまい、病院で巻き爪を指摘されたので、お願いすることにしました。最近はスニーカー等で爪に圧をかけないように気を付けるようにしています。

【症例3】:F様 主婦 50代
VHOワイヤー装着前
VHOワイヤー装着直後

巻き爪ケアVHOワイヤーを装着後は、見た目にも爪の幅が広がり(上の写真)爪が食い込んでいた跡もはっきりと分かります。

VHOワイヤー装着2ヶ月後
【矯正終了】開始から約7か月

<VHOワイヤー装着2ヶ月後>巻き爪ケアVHOワイヤーを装着直後と比較して、明らかに爪の幅が広がり、爪のカーブがなだらかになっています。矯正終了までもう一息の状態です。

<【矯正終了】開始から約7ヶ月>爪の巻き込みが緩和されました。

【お客様の声】悪くなる前にもっと早く来店すればよかったです。キレイにして頂きありがとうございました。ケアの方法などまた教えて頂きたいと思います。

【症例4】:Y様 会社員 30代
VHOワイヤー装着前
VHOワイヤー装着直後

巻き爪ケアVHOワイヤーを装着したことで爪の幅が広がっているのと、カーブの具合が緩くなっているのが分かります。

VHOワイヤー装着7ヶ月後

装着開始後に比べて爪の幅が大きくなってきています。

【お客様の声】爪の矯正をしたら、タコの痛みまでなくなりました。完全に爪が広がるまで続けたいと思います。

【症例5】:M様 会社員 30代
VHOワイヤー装着前
VHOワイヤー装着直後

巻き爪ケアVHOワイヤーを装着後、皮膚に食い込んでいた爪が持ち上がり、爪のカーブが緩くなっています。

【お客様の声】装置を付けてみても、思っていたような違和感は全くありません。

お客様の巻き爪体験談

自分が巻き爪だと自覚がない方も多くいらっしゃいます。サロンでは、巻き爪をかばったことにより足裏への負担が増え、魚の目やタコ、角質肥厚等の足のトラブルを起こしてしまっている症状も多くみかけます。放置することで、爪や足だけでなく身体全体の健康に害を及ぼしてしまうこともありますので、早めにケアすることが大切です。

【巻き爪体験談1】
A様 20代前半 サービス業

私は小さい頃から巻き爪持ちで、しかも、自分が巻き爪だという自覚もありませんでした。以前はヒールの高いパンプスを毎日のように履いていて、足先が圧迫されて痛みを生じることが多かったです。その痛みを少しでも和らげようと深爪になるくらい深く切りすぎてしまっていました。

そのような状態の時に「ドイツ式フットケア」というものを知り、深爪や足先の圧迫が巻き爪の原因だということを初めて知りました。
それから爪を正しい形と長さに整えるようになり、靴もヒールの高いパンプスを止めて、フラットなパンプスやスニーカーを履くようにしました。そうすると痛みは以前よりも感じなくなりました。

ただ、爪はまだ巻いたままなので、現在は「フットブルー」で巻き爪の矯正を行っています。矯正を始めてから痛みも出なくなり、爪の見た目も平らに近づいてきているのはもちろん、矯正していることで心にゆとりが生まれて、もう痛みを感じなくていいんだという安心感を持つことが出来ています。
巻き爪のケアを続けて、改善していくのがとても楽しみです。

【フットブルーから一言】
痛みが辛いあまり、自分で爪の角を落として深爪をする方が多く見られます。そしてそれを繰り返すことが悪循環となり、どんどん巻き爪が進行してしまいます。一度巻いた爪が自然に広がることはありませんので、正しい爪の切り方で巻き爪を予防をすることの他、ひどくなる前に適切な巻き爪のケアを行うのがおすすめです。
【巻き爪体験談2】
S様 30代後半 立ち仕事

私は以前に左の親ゆびの巻き爪になり、手術をしたことがあります。 その時は調理の仕事で長靴を履いていたのですが、靴が大きくて足先がぶつかり、巻き爪がすすんで痛みが出ていました。 痛いので自分で爪の角を切っていたのですが、切ってもまたすぐ痛くなってしまい、何回か繰り返していたら今度は皮膚が炎症を起こして腫れてしまい、膿などが出てしまいました。そこで最初は皮膚科で診てもらったのですが、その時は爪の角を切られて炎症を抑えるための抗生物質を出されて塗っていました。それでも一向に良くならず痛みが強くなってきたので、今度は整形外科に行きました。
すると、皮膚の炎症がだいぶ進んでいて手術したほうがいいと言われ、術後の跡がきれいとのことで形成外科を紹介され、その日に手術を受けることになりました。

私の場合、左の親ゆびの爪の片側の爪を根元から切って取る手術でした。
手術は診察室のベッドに横になり、足の部分だけ隠されて行われました。部分麻酔の注射がすごく痛かったのを覚えています。手術中は麻酔が効いて痛みは全くないのですが、部分麻酔で意識がある状態でしたので、何をされているのかとても不安で怖かったです。

麻酔が切れた後は暫く痛みがあり、痛み止めを飲んでいました。そして手術したところを自分で毎日消毒しなくてはならず、足は包帯を巻いた状態になるため靴も履けない状態で、2週間ほどサンダル生活を強いられました。
術後初めて左の親ゆびを見た時に、10針ほど縫われていてびっくりしました。爪の幅が少し狭くなり、親ゆびに上手く体重を乗せることができないので、人にぶつかったりするとバランスを崩すことが多かったです。

最後に抜糸をして、ようやく普通の生活に戻ることができました。幸い現在再発はしていませんが、「フットブルー」で「巻き爪矯正」というものがあることを知り、もっと早く知っていたら、痛い思いをしなくて良かったのにと思いました。

【フットブルーから一言】
手術をされたという貴重な体験談をありがとうございます。せっかく痛い思いをして手術をしても、中にはまた巻き爪が再発してしまう方もいるそうです。爪の形が元の大きさよりも小さくなって見た目が変わってしまうのも、女性であれば辛いことかもしれません。痛みもなく通常の生活ができ、爪も無理なくきれいに広げていけるのも、巻き爪矯正の大きなメリットです。巻き爪でお悩みの方には、「巻き爪矯正」という選択肢があることを是非知って頂きたいと思います。
【巻き爪体験談3】
K様 30代前半 事務職

私は中学生の時にバレーボール部で、前に踏み込むときに痛みがあり、その当時は「巻き爪」ということは知らず、爪が伸びているから痛いと思っており、痛くなる度に爪を短く切っていました。

痛いとどうしても気になってしまい、爪の間のゴミを爪楊枝で取ったり、爪の周りの皮をむしったりしていたら、爪の周りの皮膚が腫れてきて、膿が溜まったりしていました。 膿んでしまうのは皮をむしったからだと思い、自分で溜まった膿を出して、消毒をしていました。

実際、膿を出すと楽になっていたので、痛いとまた自分で爪を短く切り、ゴミを取ったり、膿を出したりすることを高校生になるまで繰り返し、特に病院にも行っていませんでした。高校の通学時には、20分程歩いていたのですが、ローファーで歩いていると爪が痛くて、途中からスニーカーで通っていました。
その後は爪に負担がかかることが少なくなり、痛みが出ることは減ったので、社会人になってからも、だましだまし生活をしていました。

ですが、「フットブルー」にフットケアで通うようになってから、巻き爪が身体へ様々な影響があることを知り、改善したいと思い巻き爪の矯正をしました。
驚いたのは、中学生の頃から偏頭痛がひどく悩まされていたのですが、巻き爪矯正をして巻き爪が改善されてからは偏頭痛が少なくなりました!巻き爪が偏頭痛と関係していたのでしょうか?不思議ですが嬉しい変化です。

【フットブルーから一言】
リフレクソロジー(反射区療法)の考え方ですと、足の親ゆびは「頭部」の反射区にあたります(※反射区の図はものによって細かい部分に多少違いがありますが、ざっくり分けると頭部に当たります)。
爪が巻いているということは、爪が親ゆび(頭部)を締め付けている⇒頭痛、という見方もできますので、巻き爪が改善されたことによって偏頭痛が緩和されたのもうなずけます。もちろんこのようなケースが全ての人に当てはまるわけではありませんが、巻き爪があることで日常生活や健康面で支障をきたすことはありますので、痛みがなくても早めに矯正されたのが良かったですね。
  • ※店舗ごとにメニューがございます。詳しくは各サロンまでお問合せください。
  • ※キャンセル・ご変更の場合は、前日までにご連絡くださいますようお願い申し上げます。
    場合によってはキャンセル料をお支払い頂くこともございますので、何卒ご了承ください。
  • ※ペディキュアはなるべく落としてからご来店ください。
  • ※体調のすぐれない方や妊娠中のお客様へのサービスはお断りさせて頂いております。

ご予約・お問合せはこちら

  • ※「フットブルー」のご利用が初めての方は、「初めての方へ」のページも併せてご覧ください。
  • ※店舗ごとにメニューがございます。詳しくは各サロンまでお問合せください。
  • ※キャンセル・ご変更の場合は、前日までにご連絡くださいますようお願い申し上げます。場合によってはキャンセル料をお支払い頂くこともございますので、何卒ご了承ください。
  • ※ペディキュアはなるべく落としてからご来店ください。
  • ※体調のすぐれない方や妊娠中のお客様へのサービスはお断りさせて頂いております。