足の悩みはドイツ式フットケアサロン「フットブルー」。角質肥厚、魚の目、たこ、巻き爪、足の臭い、足の痛み、むくみ、冷え。横浜、元町、表参道

Foot dictionary
足の辞典

フットケア

ドイツ式「巻き爪ケア(VHO)」Q&A

ドイツ式巻き爪ケア「VHO」について、よくあるご質問をまとめました

巻き爪矯正VHO法

巻き爪でお悩みの方には、悪化する前に「巻き爪ケア」をおすすめいたしますが、ご不安な点も多いかと思いますので、ぜひ下記をご一読ください。
フットブルーの巻き爪ケアについては、ホームページのこちらもご覧ください。

Q1 )痛みはないんだけど、巻き爪ケアをしたほうがいい?
⇒ご自身の感覚として痛みを感じていなくても、身体は異変を感じ、歩き方が崩れている可能性もあります。歩行時、足の親指には体重の85%以上の力の負担が掛かります。自然に親指をかばって歩いてしまうと歩行バランスが崩れ、腰痛や肩こりなどの体調不良の要因にもなってしまうかもしれません。実際に巻き爪など爪にトラブルがある方は、爪にトラブルがない人よりも、約2.3倍転倒しやすいという研究結果もあるそうです。
また、足の親指は頭の反射区です。爪が巻き込んで皮膚を締め付けていると、頭痛や偏頭痛として表れることがあります。
親指は歩行の際に踏み込んで蹴りだす際に重要な役割を担っていますので、しっかりと正しい歩行をするためにも、巻き爪ケアは効果的です。

Q2 )巻き爪のケアをした後は、すぐに歩いて帰れますか?
⇒巻き爪ケア後はご来店時と同様、履いてきた靴を履いて歩いて帰る事ができます。
2、3日は爪の表面に違和感を感じる場合もございますが、入浴や運動等、日常生活における制限はほとんどありません
ケア直後の歩行・走行も問題ありませんのでご安心下さい。

Q3 )巻き爪のケア後、入浴しても大丈夫ですか?
⇒患部を清潔に保つことが大切ですので、入浴はOKです。

Q4 )巻き爪ケア後、ぺディキュアをしてもよいですか?
⇒巻き爪の装置が気になるようでしたら、ペディキュアを行っても問題ありません。

Q5 )どんな風に施術するのですか?巻き爪ケアの施術中は痛みますか?
⇒当店で行うVHO法は特殊なワイヤーをお客様の爪の形やカーブに合わせて装着します。
爪の両端に引っ掛けるだけで、外科手術のように皮膚を切ったりしないので痛みは一切ありません。
もともと強い痛みがある方は、指を触っただけで痛みが出る場合もありますが、施術は強く押したり引っ張ったりすることはありませんのでご安心ください。
また、爪が食い込んでいた部分をワイヤーの張力で張り上げるので、装着した時点で痛みがなくなる方がほとんどですし、装着期間中も痛みを感じることはありませんのでご安心ください。

Q6 )巻き爪のケアを行うと1回で良くなりますか?
⇒1回でも巻き爪の痛みは軽減されますが、1度で巻き爪が完全に良くなるということは難しいです。
通常、巻き爪のケアは爪に負担がかからないように、爪の生え変わる周期に合わせて行っていくので、個人差はありますが、半年~約1年くらいかかります。
また、巻いている爪が十分に広がっていない状態でケアをやめてしてしまうと、再発の可能性が高くなってしまいます。
現在巻いている部分の爪が完全に生え変わって、これから生えてくる根元の部分の爪が平らになるまでケアを続ける必要があります。
ただ、巻き爪がひどくなってからだと広がるのにも非常に時間がかかりますので、悪化していないうちに早めに巻き爪ケアを始めるのがおススメです。

巻き爪


Q7 )巻き爪ケアはどのくらい効果が持続しますか?
⇒個人差もありますが、VHO法の補正効果は約6週間持続します。
とはいえ、装着しっぱなしでその後何もケアをしなければ改善は難しいため、定期的にご来店ください。
キレイな形に巻き爪を改善させるためには、爪の広がりに合わせて、VHOワイヤーの形もその都度微調整が必要です。

Q8 )爪のケアは定期的に必要ですか?
⇒必要です。巻き爪ケアと一緒に爪のケアを行う事をお勧めします。
巻き爪の方は爪の間にゴミが溜まりやすく、ゴミが爪を圧迫して痛みの原因になりますし、においの元にもなります。
定期的に爪のケアを行う事で、ゴミや余分な甘皮を除去し、足を衛生的に保つ事ができるだけでなく、爪のケアを通して足先を刺激することで末端の血行が促進され、爪の伸びが早くなったり、爪の強度が増したりするなど、健康な爪が生えやすくなります。
また、ご自分で間違った爪のカットをされると巻き爪の原因にもつながるのでプロによる定期的なケアがおすすめです。
定期的なケアで爪周囲の環境がよくなれば、巻き爪の早期改善にもつながります。

Q9 )どれ位の期間がかかりますか?
⇒爪の伸びるスピードや爪の状態により個人差はありますが、爪が生え変わる周期の半年から一年くらいの期間が必要です。
爪の伸びが悪い方や、爪の巻きが強い状態の方ですとそれ以上の期間がかかることもあります。
角質ケアなどを含めたフットケアを同時に行うことで血液循環も促進され、爪の伸びる速度も速まってきます。
巻き爪の方は爪が巻き込んで、血行が悪い方が多いので、フットケアをお勧めします。

Q10)装着期間中の注意はありますか?一度矯正すると再発はしないんですか?
⇒装着期間中は、爪に圧迫をかけない様にしてください。
ヒールの高い靴・先端の細い靴・ストッキング、タイツのデニール数が高いものは爪に圧迫をかけてしまうので、避けてください。
巻き爪ケア後、すぐに再発する事はありませんが、誤った爪の切り方や爪に負担のかかる靴を履くなど、以前と同じ環境での生活は再発の可能性が高くなります。
身体のバランスを調えるインソールなどを常用し、体重のかかり方も変えていくと再発予防に効果的です。
また、他の再発予防法としては、靴の改善・ストッキング、タイツなどの圧迫を加えるものは避け、足先の血行が悪いとむくみが圧迫につながるので定期的にマッサージやストレッチを行うと良いでしょう。

Q11 )巻き爪矯正ができない場合はあるのですか?
爪が化膿・炎症を起こしていたり、白癬菌(水虫)疾患をお持ちと見られる方は、最初のご相談の時点で装着を見合わさせていただき、皮膚科への受診をお勧めします。
爪が縦に割れているもの、巻き爪の手術をした事のある場合、薄すぎる爪などVHOワイヤーのの張力に耐えられない爪の場合も、ご遠慮いただいております。

Q12 )自宅では何かすることがありますか?
⇒ご自宅でして頂くことは特別にはありませんが、足や足爪の周囲を清潔に保つことは必要です。
足爪の保湿・保温効果のあるジクタスシリーズのチンクチャ―をお勧めしています。
入浴後に足や指の間に1滴づつ、もしくは洗面器に2.3滴垂らして足浴または流してください。足爪の血行を促進していくと改善速度は高まります。

ジクタン チンクチャー

※「ジクタス社のチンクチャー」は、フットブルー店頭のほか、オンラインショップからも購入いただけます。

フットケアのベストの周期とは

フットブルーでは3週間ごとのフットケアをおすすめしています。

img_fd03

お肌は約28日で新しい細胞を生みだし、古い角質が垢となって剥がれます
足の場合、ケアで除去した角質は28日経つと元に戻ろうとしていきます。
その為、角質が完全に元に戻る28日(約4週間)よりも少し前の、3週間(つまり、トラブルの箇所がひどくなる前、出来かけの時)でケアしていくと、トラブルの改善に効果的です。

特に魚の目の芯が深い、たこが厚いなどトラブルが重症の時こそ、3週間でケアしていくことが重要です。 4週間経つ前にケアをすれば、芯が浅いうちに除去できるので、足への負担も軽くなるほか、足を常に快適な状態にキープでき、改善も早くなります。

魚の目やタコは毎回のケアでその場ではキレイになりますが、歩き方や靴、悪い姿勢など、足にとって悪い習慣を改善せずにいると、残念ながらまた繰り返し出来てしまいます。

周期を守った定期的なお手入れで、トラブルも改善していきますし、角質もつきにくい足に変化していきます。 足は身体の中でも毎日使う部分。だからこそ1度ケアしてそれっきりではなく、定期的なお手入れと、自宅での毎日のお手入れは継続して行う必要があるのです。

 

ドイツ式フットケア(フスフレーゲ)とは?

フスフレーゲとは?

「フスフレーゲ」とは、ドイツ語で「フットケア(足の手入れ)」という意味で、足を健康に保つための療法です。また、この足の療法士のことを「フスフレーガー」といい、ヨーロッパではドイツを中心に、現在約15万人のフスフレーガーが活躍しています。
本場ドイツでは、「フスフレーガー」は民間資格として国に認定されており、整形外科などの専門医と提携してトータルにフットケアを行うサロンもあります。

「フスフレーゲ」は1700年代、フランスのルイ王朝時代に「ルイヒール」という細い靴が流行し、それを履いて足を痛めた貴族の足をケアする必要性から生まれました。その後人々の間で足や靴に対する意識が徐々に高まり、フットケアが習慣として日常生活に深く浸透するようになったのです。

定期的なフットケアで、足も身体も健康に!

生まれてくる子供の98%は健康な足を持っています。
しかし、大人になると75%以上の人が足に何らかのトラブルを抱えるようになります。
土台である足が崩れれば、その上にある身体に支障をきたすのは当然のこと。
放っておくと、肩こりや腰痛、頭痛のほか、胃腸障害など内臓疾患まで引き起こすことがあるのです。

足は身体の全体重を支え、毎日負担を強いられています。土台である足に魚の目や胼胝(たこ)、巻き爪などのトラブルがあれば、歩行に支障が出るばかりでなく、肩こりや腰痛など、身体にも悪影響が。定期的にフットケアを行い、トラブルを改善することで、足がキレイになるのはもちろんのこと、姿勢が良くなったり、歩き方がキレイになったりするなど、身体の歪みを正すことにも効果的です。
身体の土台である足を定期的にケアすることは、足と身体両方の美容と健康を保つためにとても大切なのです。

ご予約・お問合せはこちら

  • ※「フットブルー」のご利用が初めての方は、「初めての方へ」のページも併せてご覧ください。
  • ※店舗ごとにメニューがございます。詳しくは各サロンまでお問合せください。
  • ※キャンセル・ご変更の場合は、前日までにご連絡くださいますようお願い申し上げます。場合によってはキャンセル料をお支払い頂くこともございますので、何卒ご了承ください。
  • ※ペディキュアはなるべく落としてからご来店ください。
  • ※体調のすぐれない方や妊娠中のお客様へのサービスはお断りさせて頂いております。