足の悩みはドイツ式フットケアサロン「フットブルー」。角質肥厚、魚の目、たこ、巻き爪、足の臭い、足の痛み、むくみ、冷え。横浜、元町、表参道

Foot dictionary
足の辞典

ケイ素

ケイ素の抗酸化パワーで活性酸素から強力ガード

酸化とは?

今話題のケイ素には、様々な働きがありますが、特筆すべき効果は「抗酸化作用が強い」ということです。
「抗酸化作用」とは、「酸化させない」ということです。
では、そもそも「酸化」とは何でしょうか?
日常で見られる「酸化」で分かりやすいのは、鉄が錆びることも酸化ですし、野菜が腐っていくことも酸化、日にちが経過した油が黒ずんだりにおいが出てくるのも酸化です。
そして実は、人間も「酸化」します。

活性酸素は老化の元凶

人間の場合、「酸化」に関わるのは「活性酸素」です。
活性酸素は、もともと私たちの身体にとって必要なものであり、普段は強い攻撃力によって体外から侵入したウイルスや細菌から守ってくれます
しかし、活性酸素が過剰に発生すると正常な細胞や遺伝子も傷つけてしまい、肌、血管、心臓などあらゆるものを酸化させ、身体の機能を乱します。
そして、肌ならシミやしわの原因にもなりますし、老化やガン、様々な生活習慣病の原因となってしまうのです。
つまり、酸化=老化なのです。

活性酸素は生きていれば、必ず発生します。
私たちは呼吸によって酸素を体内に取り入れていますが、エネルギーになるとき、そのうち約2%の酸素が化学反応により活性酸素になると言われています。
他にも、激しい運動やストレス、喫煙、紫外線、電磁波、人工的な化学物質や食品添加物、飲みすぎや食べすぎ、大気汚染、電磁波、放射線なども活性酸素を発生させる要因となります。

抗酸化物質で体内の酸化を食い止める

抗酸化作用が高い野菜のイメージ写真

過剰な活性酸素は、体内の酸化を進め、老化のスピードを速めていきます。
そこで、酸化を食い止めるのに必要なのは「抗酸化物質」です。
食べ物で言いますと、色の濃い野菜に抗酸化作用が高い食べ物が多いです。
例えば、カボチャやニンジン、ピーマン、ブロッコリー、ほうれん草、ケールなど。
栄養素でいうとビタミンA、C、Eが多く含まれるものが抗酸化におススメです。
またポリフェノールやイソフラボンなども抗酸化に効果があると言われています。

ケイ素が身体の酸化を防ぐ

ですが、なかなかバランスよく栄養を摂れないというのが現代人の悩み。
そこでおススメなのが必須ミネラルである「ケイ素」です。
ケイ素は英語名で「シリコン」とも言いますが、もともと、熱を加えても酸素と結びついてもさびない性質、つまり酸化しにくく、他の物質の酸化も防ぐ抗酸化作用が認められています。
そのため、半導体や豊胸手術(胸にシリコンを入れる、ってききますよね)、フライパンなど調理器具にも使われています。
そして、ケイ素の抗酸化作用を示す実験が下記の写真です。

ケイ素の抗酸化作用を示す実験


フットブルー各店で行った実験なのですが、1つのボトルには水道水、もう1つのボトルには水と水溶性ケイ素を10%ほど入れ、それぞれ鉄製のヘアピンを5本ずつ入れて放置したものです。
水道水だけのボトルはサビが出て中身がほとんど見えないくらい赤く濁ってしまっています。
水溶性ケイ素を入れたボトルのほうは水が透明のまま。
それだけケイ素が抗酸化作用が強いということなんですね。

人間の場合、ケイ素は細胞を作る材料になったり、細胞膜に多く含まれます。
人間の細胞は約60兆個。
活性酸素が細胞を攻撃しても、あらゆる細胞の中にケイ素が存在するため、身体の酸化を防いでくれているのです。
例えるなら、ケイ素がバリヤーを張ってくれているような感じですね。

ケイ素が活性酸素から防御

酸化を予防すること(抗酸化)が老化予防のカギ

細胞に含まれ、身体の至る所に存在するケイ素ですが、残念ながら加齢と共にその量は減っていってしまいます。

ヒト大動脈中ケイ素含有量の年齢による変化

グラフからも分かるように、30~40代の方は、体内のケイ素の量が赤ちゃんの時の半分以下になると言われています。
ケイ素が不足したままでは、身体の酸化のスピードを早めてしまう一方です。
1日に必要なケイ素の量は最低40㎎ほど。
これは玄米40合分にあたります。
さすがに1日でこの量は摂れるわけがありませんので、ケイ素が効果的に摂取できる水溶性珪素サプリメントなどを上手に利用して、ケイ素不足を補いたいものです。
そして、酸化=老化
を肝に銘じて、抗酸化作用が高い食品なども意識して取りつつ、活性酸素を発生させてしまう生活習慣なども見直して、サビない身体を作っていきましょう!!

▽参考記事
ケイ素はどうしてカラダに必要なの?
しみ、しわ、たるみは老化の始まり。老化の原因は・・・?

==============
ケイ素が効率よくとれる水溶性ケイ素のサプリメント
「KEISO SPIRIT」 200ml ¥12,000(税別)

水溶性ケイ素サプリメントKEISO SPIRIT

5㏄(小さじ1杯)で1日に最低必要量のケイ素40㎎が摂取できます。
フットブルー各店舗オンラインショップでご購入いただけます。

ケイ素

しみ、しわ、たるみは老化の始まり。老化の原因は・・・?

気になるお肌のしみ・しわ・たるみ…。そのコラーゲンサプリ、効いてますか?

サプリメントの写真

ある年代になると、必ずと言っていいほどお悩みに上がるお肌の「しみ・しわ・たるみ」
お肌の主な組織は、たんぱく質の一種である「コラーゲン」ですので、お肌のために「コラーゲン」入りのドリンクやサプリを飲んだり、あるいはコラーゲン配合の化粧品を塗ったりしている方も多いと思います。
ですが、いまいち思うような効果が出ないな?っていうことはありませんか?

確かに、お肌のハリや潤いを保つにはコラーゲンは必須!
でも、コラーゲンだけでは十分とは言えません。
では、美しく健康でハリのあるお肌には何が必要なのでしょうか?
エラスチン?
ヒアルロン酸?
実は、「ケイ素」なんです!

ケイ素はお肌の土台をつくる縁の下の力持ち

お肌は、上から、表皮、真皮、皮下組織の3つに分かれます。
表皮は、お肌の一番上にある層で、表皮はさらに4?5つの層に分かれ、真皮を通して栄養をもらって生まれ変わり(ターンオーバーといいます)を繰り返しています。
そして、表皮の下の真皮は、表皮を支えている土台ともいえる部分。

ケイ素は、お肌の真皮の主成分であるコラーゲンをはじめ、ヒアルロン酸、エラスチンなどお肌のハリや潤いの元となっている結合組織を結び付けて支える柱のような働きをしているのです。

ケイ素が十分で結合組織を支える図


ですから、いくらコラーゲンやエラスチンなどを身体に取り入れても、「ケイ素」が不足していると、お肌の土台ともいえる真皮を支えられず、お肌はピン!とならないわけです。

ケイ素が不足し肌がたるむ図

見えない柱の部分が頑丈じゃないと、建物の強度がなくなってしまう欠陥住宅のように、お肌も見えないところで支えている土台がしっかりしていないと、いくら上から高価な成分の化粧品を塗っても効果は半減してしまうということですね(*_*;

ケイ素不足で真皮のコラーゲンなどの結合組織が支えられなくなり、真皮が良い状態ではなくなると、当然その上にある「表皮」にも影響が出てきます。
つまり、ケイ素不足により、
真皮のコラーゲンなど結合組織が支えられない

お肌のターンオーバー(新陳代謝・生まれ変わり)が乱れる

古い角質がスムーズに落ちず、お肌が固くなる

しわやたるみができ、はり、ツヤがなくなる
という状態になってしまうのです。

ケイ素不足は老化を引き起こす

お肌の新陳代謝(ターンオーバー)にとって大切なことがもう1つ。
「毛細血管」の健康度です!
人間の血管は、成人一人の全長は約10万km
なんと地球2周半の長さがあります。

地球2周半している血管のイメージ

そして、大動脈など太い血管もありますが、そのうちなんと99%が毛細血管
毛細血管が身体の隅々まで張り巡らされ、血液を通して各細胞や臓器へと酸素と栄養素を運んでいるわけです。
毛細血管の太さは約5ミクロン
酸素を運ぶ血球の代表的な赤血球は7?8ミクロンあります。

毛細血管と赤血球の大きさ

実は、赤血球のほうが毛細血管より大きいんですね。
よく、こんな図をご覧になったことがないでしょうか?

血管の図

血管の中を赤血球がすいーっと流れていく図です。
太い血管の中ならこちらの図も正しいのですが、人間の血管のうち毛細血管は99%であることを考えると、赤血球はそれよりも細い毛細血管を通れないことになりますね。
では、赤血球はどのように毛細血管を通っているのでしょうか?
正しくは、こちらです。

柔らかい毛細血管と細胞

赤血球はうにょん♪と形を変えながら、そして毛細血管も赤血球が通るのに合わせて伸びたり縮んだりしながら、狭い毛細血管の中を流れていき、各細胞や臓器へ栄養が届くというわけです。
これは、柔軟できれいな毛細血管があるからこそなせる業。

もし、毛細血管が固くなったり、内部に脂肪が付着して狭くなったりしたら、血管が詰まり、その先の細胞や臓器に新陳代謝(生まれ変わり)に必要な酸素や栄養素を届けることができなくなり、先端の細胞は死んでしまいます(゚Д゚;)

固い毛細血管と細胞

血管が固くなることは、すなわち「血管の老化」
血管が老化し、細胞に栄養が送られなくなり、細胞の新陳代謝が悪くなると起こるのは・・・
人体の「老化現象」です。

老化現象

お肌のたるみやしみ、しわができるのも、髪が抜けるのも、病気のリスクが高まるのも、全ては老化現象の1つ。
お肌の健康も、内臓も、全ては柔軟な血管から作られると言っても過言ではありません!!

では、血管を柔らかくするにはどうした良いのでしょうか?
実は、血管の組織の主成分はコラーゲンです。
ですから、コラーゲン不足が血管の健康にかかわる、ともよく言われています。
ですが、そのコラーゲンを支えているのはケイ素
コラーゲン不足もだめですが、そもそもコラーゲンを支えるケイ素が十分にないと、血管が固くなり血管の老化を招いてしまうのです。
また、血管が固いと、動脈硬化が進み、脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などの命に係わる病気にもつながってしまいます。

ケイ素は体内に存在しますが、体内で作ることができない必須ミネラルの1つ
しかも、年齢が30~40代になると生まれたときに比べ、半分以下となってしまいます。

ヒト大動脈中ケイ素含有量の年齢による変化

成人の場合、1日にケイ素を約40㎎消費すると言われています。
何もしなければ、ケイ素は減っていく一方、すなわち身体やお肌の老化は進む一方なのです。
▽参考記事
ケイ素はどうしてカラダに必要なの?

毎日ケイ素をとることがアンチエイジング

通常皮膚のターンオーバーは約28日周期(年齢が上がるにつれて長くなります)で行われ、新しい皮膚に生まれ変わっていますが、血管を作る血管壁の細胞にも同じように新しく生まれ変わるターンオーバーがあります。
血管壁の細胞の生まれ変わる周期は何と約1000日、つまり約2年9ヶ月です。

生まれ変わると言っても、一度に全ての細胞が取り換えられるわけではなく毎日古い細胞が少しずつ新しい細胞に入れ替わり、3年弱かけてやっとすっかり生まれ変わるのです。

ですから、ケイ素を摂り始めたからと言って、すぐに劇的な見た目の変化が出るわけではありません。
ですが、血管の中では確実に良い変化が起こっています。

結果が出ないからと言って、ケイ素を摂るのをやめてしまうと、血管の老化を止めることはできません。
繰り返しになりますが、血管が老化して固くなると、毛細血管を通して栄養をもらっているお肌の細胞や臓器の新陳代謝も滞ってしまうのです。
そして、お肌のしわ、たるみに…。

老化現象

たんぱく質やビタミンなどの栄養素と同じように、ケイ素も必ず摂るべき栄養素として頭においていただき、是非日頃から、積極的にケイ素を十分に摂って、美と健康を保ちましょう!(^^)!

==============
ケイ素が効率よくとれる水溶性ケイ素のサプリメント
「KEISO SPIRIT」 200ml ¥12,000(税別)

水溶性ケイ素サプリメントKEISO SPIRIT

5㏄(小さじ1杯)で1日に最低必要量のケイ素40㎎が摂取できます。
フットブルー各店舗オンラインショップでご購入いただけます。

ケイ素

ケイ素はどうしてカラダに必要なの?

ケイ素不足は美と健康にとってNG!

ケイ素イメージ

「美のミネラル」として今注目のケイ素。
美や健康に意識の高い方の間では、既にもう飲んでる、という方もいらっしゃると思いますが、まだまだその効果や重要性があまり知られていないのが現状です。
ケイ素は、私たちの生命を維持するのに必要な「必須ミネラル」の1つ。

なぜなら、ケイ素は、私たちの身体の中のあらゆる臓器や組織に多く含まれているからです。
例えば、リンパ節、毛髪、爪、骨、血管、皮膚、筋肉、脳、腎臓、肝臓、胸腺、血管など。

よく、貧血だと「鉄分をとらなきゃ」とか、
骨を丈夫にするには「カルシウム」、
筋肉をつけるなら「たんぱく質」、
などと言うように、各臓器や器官にとって必要な栄養素はそれぞれ異なります。
カラダの臓器別必要栄養素をまとめたものが下記の表です。

臓器別必須栄養素の表

いかがでしょうか。
鉄とかカルシウム、亜鉛などのミネラルと違って、同じ必須ミネラルであるにも関わらず、日本ではまだまだ知名度が低いケイ素ですが、表からも分かるように、私たちの体内のほとんどの組織にケイ素が必要であることが分かりますよね。

ですから、ケイ素不足は、身体のあらゆる臓器や組織になんらかの悪影響を及ぼす可能性があるということです。

どのくらいケイ素を補えばいい?

体内のほとんどの臓器にケイ素が必要なことが分かりましたが、では、実際は1日どのくらい摂取する必要があるのでしょうか?
日本ケイ素医科学学会によると、成人の場合は、ケイ素をおよそ1日40mg消費しているのだそう。
ということは、最低1日40mgのケイ素を摂取しないといけないことになります。

しかも、ケイ素は体内で生成することができず、しかも年齢と共にその量は減少していきます。
「「美のミネラル」ケイ素って何?」の記事でもご紹介しましたが、大動脈中のケイ素の含有量を調べたデータによると、赤ちゃんの時と比べると、30代~40代ではケイ素の量は半分以下となってしまうのです。

ヒト大動脈中ケイ素含有量の年齢による変化

現代の私たちの食事は、昔に比べて欧米化し、食事からケイ素をとることが難しくなっています。
ちなみに、1日3食の食事からは、

食事から摂れるケイ素の量

洋食だと  約5mg
和食だと  約10mg
しか、ケイ素を摂取できていないと言われています。

1日40㎎のケイ素を消費していますから、つまり、ケイ素は慢性的に不足しているんです(゚Д゚;)
ですから、日頃の食事から、ケイ素を多く含む食べ物を積極的に摂っていきたいところ。
ちなみに、ケイ素を多く含む食べ物には根菜類や海藻などが挙げられますが、必要な40mgを補うには、

ケイ素を多く含む食べ物

玄米・・・・・・・・40合
ほうれん草・・・200株
大根・・・・・・・・10本
らっきょう・・・2500個   も必要です!!!

Si_8

さすがに、食べ物だけでは無理という感じがしますよね。

ですので、かねてから自然治癒力や予防医療の考え方が進んでいるドイツでは、医師がケイ素の摂取をサプリメントで補うように推奨しています。
実は、ドイツでは、10年以上連続でサプリメント部門の売上はケイ素がNo.1に君臨しているのです。
それだけ、国をあげてケイ素の摂取が重要視されていて、実践している人が多いということですね。
というわけで、是非皆様も、食べ物だけではなく、ケイ素のサプリメントなども上手に活用して効率よくケイ素を補って、健康を維持していただきたいと思います。

==============
ケイ素が効率よくとれる水溶性ケイ素のサプリメント
「KEISO SPIRIT」 200ml ¥12,000(税別)

水溶性ケイ素サプリメントKEISO SPIRIT

5㏄(小さじ1杯)で1日に最低必要量のケイ素40㎎が摂取できます。
フットブルー各店舗オンラインショップでご購入いただけます。

ケイ素

「美のミネラル」ケイ素って何?

ケイ素とは

水晶

ケイ素は、「珪素」と書きます。

ケイ素はこの宇宙に存在する元素の1つで、元素記号は「Si」、別名は「シリカ」、英語名では「シリコン」とも呼ばれています。
地球上では酸素に次いで2番目に多い元素で、地球の地殻(土壌)や岩などに含まれる鉱物(ミネラル)の一種です。

現在地球で見られるケイ素は、太古の昔の藻類、中でも珪藻と呼ばれる植物性プランクトンが長い年月をかけて化石化したものです。
藻類は珪酸となりガラス質になるため、ケイ素も純度が高まるにつれて透明で美しい結晶となっていきます。

ケイ素が多く含まれる鉱石には、ラジウム鉱石、トルマリン、メノウ、石英などがあります。
中でも純度99%以上に成長した石英が、パワーストーンとしても知られる「水晶」です。

実は身近なところにケイ素はたくさんある

ケイ素の身近な利用法としては、水晶は薄い膜にして電気刺激を与えると正確に振動するため、「クォーツ時計」に使われています。

また、半金属であるケイ素には電流をコントロールする半導体の性質があります。
そのため、ケイ素を99.999999999%にしたものがコンピュータの基板などの半導体として利用されており、パソコンやスマホなど、現代の私たちの生活になくてはならない元素ともいえます。

ちなみに、多数の半導体メーカーが集まるアメリカの「シリコンバレー」は、半導体の主原料であるケイ素(英:silicon シリコン)からきているんですね。

他にも、ほかの元素と結びつけて、乾燥材の「シリカゲル」として利用したり、シャンプーなどに含まれる「シリコン」(正しくはシリコーン)などもケイ素が原料です。

ケイ素は人体を構成する必須栄養素

「必須栄養素」とは、体内で作られないため、外部から補う必要がある栄養素のこと。
(18種のビタミン、20種の必須ミネラル、8種の必須アミノ酸の計46種類)
その中でも、ケイ素は「必須ミネラル」の1つです。

私たちの身体は、大部分の水と様々なミネラル(鉄、亜鉛、カルシウムなど)元素で形成されています。
そのうち、ケイ素は体重70kgの人で約0.026%しかない微量ミネラルですが、非常に重要な役割をしています。

身体の中の組織でケイ素が多いのは、
リンパ節、毛髪、爪、骨、血管、皮膚、筋肉、脳、腎臓、肝臓、胸腺、血管など。

肌、髪イメージ

さらに、細胞内部のミトコンドリアを構成しているのは実はケイ素。
人体の細胞は約60兆個ですが、ミトコンドリアは一部の細胞を除いたほとんどの細胞に認められます。
ミトコンドリアの主なはたらきは、生命維持に欠かせないエネルギー生産、正常細胞の安定化などがありますが、ミトコンドリアが不調になると、フリーラジカル(活性酸素など)が大量発生するといわれています。

このように、人体のあらゆる臓器や組織を構成するケイ素は、人体にとって必要不可欠なものであり、だからこそ「必須栄養素」の1つとされているんですね。

ケイ素は加齢と共に減少します

人間にとって、必要不可欠なケイ素ですが、残念ながら年齢と共にその量は減少していきます。

大動脈中のケイ素の含有量を調べたデータによると、赤ちゃんの時と比べると、30代~40代では、その半分以下となってしまうのです。

ヒト大動脈中ケイ素含有量の年齢による変化

人体を構成する多くの臓器や組織に存在するケイ素が減少すると、当然、健康面や美容面でも様々なリスクが出てくることになります。

欧米では、かねてからケイ素が注目されており、ミランダ・カーやレディガガ、キャメロン・ディアスなどの著名なハリウッドセレブやモデルなど、美の意識が高い人の間では、いち早く「美のミネラル」としてケイ素が健康維持や美容、アンチエイジングのために取り入れられてきました。
体内で作ることができないケイ素だからこそ、毎日、食事やサプリメントで十分な量を補うことが大切です。

どんな食材にケイ素が多い?

ケイ素は、地球の地殻に溶け込んでいるため、土の養分を根から吸い上げて育った作物には、ケイ素が多く含まれています。
例えば、玄米、大麦、キビなどの雑穀や、ジャガイモ、ニンジン、大根など。
また、ひじきやワカメ、昆布など海藻類にも多く含まれています。
いわゆる昔ながらの和食を摂ることで、ケイ素を多く摂取できますので、是非普段の食生活でケイ素を意識してみてください。

フットケア

足裏をキレイにすると運気が上がる!?

足裏から大地のエネルギーをもらう!

裸足で大地を歩く

風水では、足の裏は「大地からのエネルギーの入り口」と言われています。
入り口が汚いお店や建物の中には入りたくないですよね。

お部屋や玄関を掃除して綺麗な状態にすることで良い運気を流れる空間にすることが風水の基本ですが、身体の入り口である足裏が汚かったり、タコや魚の目でカチカチになっていたりすると、大地からのフレッシュなエネルギーが入りづらくなったり、悪い気が身体に停滞してしまうのだそう。

また、風水では足裏は金運の象徴です。
ですから、日々足のケアを行ってきれいな足をキープすることで、運気が良くなるかも!?しれません。

足が柔らかいほうがエネルギーをもらいやすい

良いエネルギーを取り入れやすい足とは、タコや魚の目がなく、ふわふわ柔らかい状態ほど良いと言われています。
そこで、柔らかい足裏にするには、毎日の保湿や正しい角質ケアを行うことが大切です。
足は常に使われて、自分の体重を支えているところですので、放置していればあっという間に固くなってしまいます。

風水では足をキレイにすることは幸せの条件と言い伝えられてもいますので、見た目の問題だけでなく、運気を上げるためにもフットケアは◎なのです。

足のトラブルは、運気が悪くなるだけでなく脚のラインや健康にも悪影響が

美脚

足に魚の目やタコがあるとそれらをかばおうとして、よくない歩き癖がついてしまいます。
また、タコや魚の目、角質肥厚がある足裏は、足裏の骨格のバランスが崩れていることにほかなりません。
身体の土台である足が崩れているということは、身体全体の歪みやねじれなど姿勢の悪化にもつながります。
足の骨格が崩れていると、脚全体の筋肉の使い方にも偏りが出るため、外側や表側など片側の筋肉ばかりが発達してしまい、太ももやふくらはぎが太くなるなど、脚のラインにも影響してしまいます。

ですから、足のケアを行うことは美脚や身体全体の健康につながる、ということも意識していただきたいと思います。

足のケアを自分で行うならまず保湿から

フットケアイラスト

では、実際に足のケアはどのように行ったら良いでしょうか?
魚の目やタコ、角質肥厚などは、自己処理をしてしまうと削りすぎたり皮膚を傷つけてしまったりと、却って悪化させてしまうことがありますので、自宅で削るケアというのは、基本的にはおススメしません。
どうしても気になる場合は、4週間に1回程度、足用のやすりで優しくこする程度がおススメです。
気になるからと言って毎日のように削ったりこすったりすると、皮膚は防御反応を起こし、ますます角質を厚くし、ガサガサになっていきます。

毎日のケアで最もおススメなのは、「足用のクリーム」での保湿です。
クリームは、水分と油分が混ざり合った状態で最もお肌になじみやすく浸透します。

毎日片足につき500円玉くらいの量をよーくすりこむように塗っていきます。
体温が1℃高い状態ですとクリームの浸透率が10%高くなると言われていますので、お風呂上がりの身体が温まっていて、なおかつ足が清潔な状態の時に塗るのがベストです。

足は1日靴の中で閉じ込められて、骨や筋肉がカチカチになってしまっていますので、余裕があればクリームを塗るついでに、膝下や足裏をマッサージしていただくとさらに◎です(^^)/

ジクタスシリーズ商品

ちなみに、フットブルーのおすすめは、ドイツ製ジクタス社のクリームです。
アルプスで作られたハーブのエキスが70%以上も配合されており、保湿だけでなく、足の疲れ、臭いの予防、むくみの緩和などにも効果があります。

是非足のケアを習慣にして、?良い運気が入ってくるきれいな足裏を目指しましょう!

▽ジクタス社のクリームについて詳しくはこちら
https://www.footblue.co.jp/item.html

こちらの記事もおススメ
夏こそ保湿が必要!過酷な夏の足の環境とホームケア

1 / 312...最後 »

ご予約・お問合せはこちら

  • ※「フットブルー」のご利用が初めての方は、「初めての方へ」のページも併せてご覧ください。
  • ※店舗ごとにメニューがございます。詳しくは各サロンまでお問合せください。
  • ※キャンセル・ご変更の場合は、前日までにご連絡くださいますようお願い申し上げます。場合によってはキャンセル料をお支払い頂くこともございますので、何卒ご了承ください。
  • ※ペディキュアはなるべく落としてからご来店ください。
  • ※体調のすぐれない方や妊娠中のお客様へのサービスはお断りさせて頂いております。