足の悩みはドイツ式フットケアサロン「フットブルー」。角質肥厚、魚の目、たこ、巻き爪、足の臭い、足の痛み、むくみ、冷え。横浜、元町、表参道

Foot dictionary
足の辞典

フットケア

フットケアのベストの周期とは

フットブルーでは3週間ごとのフットケアをおすすめしています。

img_fd03

お肌は約28日で新しい細胞を生みだし、古い角質が垢となって剥がれます
足の場合、ケアで除去した角質は28日経つと元に戻ろうとしていきます。
その為、角質が完全に元に戻る28日(約4週間)よりも少し前の、3週間(つまり、トラブルの箇所がひどくなる前、出来かけの時)でケアしていくと、トラブルの改善に効果的です。

特に魚の目の芯が深い、たこが厚いなどトラブルが重症の時こそ、3週間でケアしていくことが重要です。 4週間経つ前にケアをすれば、芯が浅いうちに除去できるので、足への負担も軽くなるほか、足を常に快適な状態にキープでき、改善も早くなります。

魚の目やタコは毎回のケアでその場ではキレイになりますが、歩き方や靴、悪い姿勢など、足にとって悪い習慣を改善せずにいると、残念ながらまた繰り返し出来てしまいます。

周期を守った定期的なお手入れで、トラブルも改善していきますし、角質もつきにくい足に変化していきます。 足は身体の中でも毎日使う部分。だからこそ1度ケアしてそれっきりではなく、定期的なお手入れと、自宅での毎日のお手入れは継続して行う必要があるのです。

 

ご予約・お問合せはこちら

  • ※「フットブルー」のご利用が初めての方は、「初めての方へ」のページも併せてご覧ください。
  • ※店舗ごとにメニューがございます。詳しくは各サロンまでお問合せください。
  • ※キャンセル・ご変更の場合は、前日までにご連絡くださいますようお願い申し上げます。場合によってはキャンセル料をお支払い頂くこともございますので、何卒ご了承ください。
  • ※ペディキュアはなるべく落としてからご来店ください。
  • ※体調のすぐれない方や妊娠中のお客様へのサービスはお断りさせて頂いております。